2017年2月 9日 (木)

ファッションブランド?

『どこのファッションブランド?』
 
 
県外から新潟に来られた方の第一声です。
 
 

16602659_1315361355209298_741756603

続きを読む "ファッションブランド?"

| | コメント (0)

2016年9月10日 (土)

新潟市白山公園周辺 建築群

新潟市 白山公園周辺の建築群、地元であまり騒がれることはありませんが、よくよく考えてみると凄い建物がたくさんある、と気づきました(遅い?)
新潟市民芸術文化会館りゅーとぴあ

Simg_3915

新潟県民会館

Simg_3922

新潟市体育館

Simg_3921

続きを読む "新潟市白山公園周辺 建築群"

| | コメント (0)

2016年8月22日 (月)

無印津南キャンプ場

初めての津南キャンプ場。

道中から野趣あふれ、散歩だけでも面白い。

今回はは妻が通う美容院のツテでグループキャンプ。

皆、おおらかで、とても楽しい。

14045700_1114277478651021_623005106

続きを読む "無印津南キャンプ場"

| | コメント (0)

2016年7月26日 (火)

弥彦灯籠神事に参加

7月25日(月)、越後一之宮の弥彦灯籠神事に、赤塚太々神楽として招待を受け、当神楽を奉納させていただきました。


記録によると、昭和30年代に赤塚太々神楽を奉納したことがあるそうで、大変誇りに思います。

奉納に先立ち、本殿でお祓いをいただき、大変緊張いたしました。

奉納した太々神楽は、以下の通りです。

続きを読む "弥彦灯籠神事に参加"

| | コメント (0)

2016年3月16日 (水)

弥彦バイオマス発電計画

3月15日の新聞に、弥彦村のバイオマス発電の記事がありました。

Simg_9333

Simg_9334

続きを読む "弥彦バイオマス発電計画"

| | コメント (0)

2015年12月11日 (金)

ドイツの交通手段

ドイツ旅行で驚いたこと。

Simg_6040_2

ホテルの宿泊者には宿泊地をカバーする公共交通機関のフリーパスが二日間分、必ずついてきます。

聞いた話では、サッカーの試合があると、観戦チケットがそのまま公共交通機関のフリーパスになるそうです。

公共交通機関は、バス、トラム(路面電車)、地下鉄等どれに乗っても大丈夫。

政策で、サッカーチケットや宿泊費に含めるよう義務化され、公共交通機関へ誘導していました。

カーシェアリングも充実しているため、車が必要な仕事の方は別にして、車を持たない人も増えてきたそうです。


日本で路面電車をこれから充実させるのは難しいですが、富山や福井、長崎などうまくいっているところもあります。

地方都市中心部の脱・車社会と、都市の観光資源化のヒントがあるように思います。

| | コメント (0)

2015年12月 2日 (水)

久しぶりの松任谷由実

久しぶりにユーミンを車の中で聴いています。

子どもには「優しさに包まれたなら」を聞かせると「あ!これ(魔女の宅急便の)キキでしょ!?」と良い反応が。

学生の頃からスキーに行くとき、まず最初にユーミンを聴きながら車を走らせるのがお決まりでした。
それも「BLIZZARD」から。

以前、友人を車に乗せてスキー場へ向かった時、
「これこれ!この(当時はカセットテープ)少し こもったユーミンの曲を聞くと、スキーに行くなー!って嬉しくなるよ!」
と言っていたのを思い出しました。

冬の初めにユーミンを聴くと、ほろっと涙が出てきます。



71k1nk91rl_sl1500_

続きを読む "久しぶりの松任谷由実"

| | コメント (0)

2015年8月16日 (日)

うまみち森林公園

与板の うまみち森林公園キャンプ場へ行ってきました。

前日まで天気が不安定で、出かけられるか様子を見ていたのですが、天気予報を信じて当日の朝に予約を入れました。

朝8時半、新潟市はざーざー雨・・・。

続きを読む "うまみち森林公園"

| | コメント (0)

2015年3月23日 (月)

雪中キャンプ

21日の土曜日は、以前から気になっていた暮らしの工房さん設計の住宅を拝見しました。



隅々まで行き届いたしつらえに感激し、長居してしまいました。



さすがに子供たちが限界だったので、まだその場にいたい気持ちを抑えて、次なる目的地スノーピークへ。

三条市内は雪がほとんど消え、何も心配せずにいたら、スノーピーク・ヘッドクォーターに近づくにつれ、田畑の積雪量が急激に増えていきます。

ヘッドクォーターは30cmほどの積雪で、キャンプをするかどうか迷いましたが、天気も良く、星空が期待できたので、不安そうな妻を説得してキャンプを張ることに。



雪上でのテント設営は初めてでしたが、なんとかテントを張り終えたところで、まさかの二号のグズリ。

薄着なのと、珍しく遊び回らず身体が冷えたせいか、グズリが収まらず、苦渋の撤収を決断。

薄暗くなってからの撤収は、積み込みできるか心配でしたが、なんと、近くでキャンプを張っていた男性二人が、こちらの状況を見かねて撤収を手伝ってくださいました。

このお二人がいなかったら撤収に時間がかかったのと、かなり忘れものをしたのではないかと思います。

星が見え始めたころ、男性二人にお礼を申し上げ、帰路につきました。

スノーピークに着いた時間が遅かったのと、子供たちには まだ厳しい気温で、キャンプを強行しようとしたことを反省しました。

引き続き天気の良い日曜日はデッキでテントを組み、濡れたテントを干しました。

実は雪中キャンプは、テントが濡れるだけで泥汚れがなく、撤収は気楽です。


子供たちも前日は遊びまわれなかったので、鳥屋野潟公園へ行き、自転車に乗ったり、走りまわったり、木の実を拾ったり。



帰りの車中はグッスリでした。



またいつか、雪中キャンプにトライしてみたいと思います。

| | コメント (0)

2015年3月17日 (火)

直江津

今日はセミナーで直江津に来ました。



てっきり直江津駅に北陸新幹線が通っているのかと思いきや、いつもの落ち着いた直江津駅で、ちょっと拍子抜け(笑)



暖かいので、妙高山もかすれ気味。

会場の直江津学びの交流館は、老舗のホテル・センチュリー・イカヤと渡り廊下で繋がっています。

何度か来たことがあるのですが、ホテル側へ行く廊下に、ターナーの版画がさりげなく飾られていることに、初めて気が付きました。



ターナーは風景画が基礎にあるので、建物のある絵がとても美しく、大好きです。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧