« 石見銀山と安来節 | トップページ | あのヌーボーが »

2013年10月20日 (日)

コンパクトシティ

コンパクトシティ

出雲、石見、松江と見どころ満載の島根県。

今日でお別れです。

松江市は松江城を核に、コンパクトながら街が成り立っているので、体で街の心地よさを感じました。

毎日飲んだシジミ汁と共にオススメの観光地です。

贅沢を言うならば、それぞれをもう少しずつユッタリと散策したかったですね。

写真は宿の前、宍道湖の水辺で釣りに興じる親子。

向こうに見えるのが、菊竹清訓氏設計、島根県立美術館。

水辺との親密感がとても良かったです。

そろそろ兵庫県を抜けそうですが、新潟駅到着は21:30予定。

まだまだ長旅です。

|

« 石見銀山と安来節 | トップページ | あのヌーボーが »

コメント

お疲れ~さまデス+++遠征視察。

やまじさんにとって良い刺激となったんでしょうネ!新潟に 「新たらしい風」 吹きこんでくだされ。

それにしても この親子 が羨ましい+++微笑ましい、自分もこの親子の様に...と思うばかりです。

投稿: パートナー | 2013年10月21日 (月) 06時11分

パートナーさん
朝6時くらいから釣りを始めてましたね。
小雨も降っていましたが、楽しそうでした。

島根は、極端に観光地化されていないところが、親しみが持てて良かったです。
特に松江で、遊覧船に乗っていたら、小学生たちから手を振ってくれました。
子供たちを見ると、市民が街を大切にしているかどうか良く分かりますね。

ぜひ、思い切って島根へ行ってみてください。

投稿: やまじ | 2013年10月21日 (月) 11時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 石見銀山と安来節 | トップページ | あのヌーボーが »