« 延命町船江組 | トップページ | 佐潟まつり »

2013年8月20日 (火)

袋小路と公園

袋小路と聞くと、緩やかに近所づきあいのある親しみを感じます。

 
車が必要以上に入ってくることがなく、子供が家の前で遊んだりしても比較的安心できそうな雰囲気も。
 
 
しかし最近、袋小路で子供を遊ばせることはマナー違反、近所づきあいのトラブルになるというのを見聞きします。
 
もちろん、ボールが跳ねて車に当たるのは御免ですが、自転車の練習や水遊びをしたり、道路に(消せるもので)落書きをするくらいは、構わないと思っていたのですが、どうもそうではないようです。
 
静かな環境を望んで袋小路を選ぶ人も多く、道路で音がすること自体が困る(低俗という表現もあった)ということです。
 
 
また、町なかにある小さな公園で、子供の声やボールが飛んでくるのが迷惑ということで、遊ぶのが禁止の公園もあります。
 
周辺に低い生垣はありますが、遊具も大きな木の日陰もなく、何のためか分からない広場です。
 
 
こういうことを聞くと、私は時代遅れ?と悩みます。
 
そのうち、虫や落ち葉が迷惑で草取りも大変、だから何もない広場、というのができるかもしれませんね。
 
 
もちろん、周辺でそのような事案が持ち上がったら、コミュニティ=地域交流にとって大切なものとは何かを考えてもらい、今一度考え直すよう働きかけたいと思います。
 
 
なかなか難しい世の中になりました。
 
 
今度は、街灯の「光害」についても書きたいな。

|

« 延命町船江組 | トップページ | 佐潟まつり »

コメント

毎日と言ってもいいくらいこういう事に
ついて考えさせられます。
うちの保育園でも子供の声についての
苦情があったそうです。正直私にしたら
「は?」ですがこれは「時代」で
片付けられることなのかどうか…。
うちの父親が「休みの朝に子供の遊び
まわる声が外に響くのはすばらしい」と
(熊本弁で)話していたのですが
それが難しいのですよね、今は。
やはり職場でも地域でもコミュニケーション
不足から出てくるひずみのようなものを
毎日感じます。

投稿: リンリン | 2013年8月23日 (金) 14時19分

リンリンさん
時代というか、今のこの国をよく表していると思います。
地域によってはそんなことはないと思うのですが、こういった町が増えていくだろうと予想されるのが残念ですね。
子育て側からコミュニケーションをとることが必要かもしれません。

投稿: やまじ | 2013年8月25日 (日) 20時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 延命町船江組 | トップページ | 佐潟まつり »