« あつた蓬莱軒 | トップページ | プレゼント »

2012年2月24日 (金)

犬山-名古屋の旅

2/20

朝、予報どおり、またまた積雪。

約10センチ。

Sr1036775

新潟空港では除雪作業に大わらわ。

長野上空からは快晴の富士山。

Sr1036782

約1時間でセントレア空港着。

さらにレンタカーで1時間半、犬山市のリトルワールドへ。

Sr1036784

目的は店舗デザインのヒントを得るため。

世界から実際に使われていた家屋を移築しているので、質感や空間を体感できるのは貴重です。

 

敷地は広く、1周約2.5km、さらに建物内を歩くと何キロになることやら。

Sr1036795

北アメリカのログハウス内にあった薪ストーブ。

とてもかわいい。

Sr1036799

土間床なら、これ、いいなぁ。

 

ペルー大農園領主の家の門扉。

Sr1036800

アイアンワークが綺麗です。

中庭の回廊。

Sr1036802

 

フランスアルザス地方の(農家の?)家。

Sr1036806

青空が気持ちいいです。

気温は7~8度。

そして目的のトゥルッリ(建物の名称)。

Sr1036807

南イタリアのアルベロベッロという世界遺産になっている町の建物。

階段の石も持ってきたんでしょうか、日本で見かけなさそうな風合いです。

Sr1036811

玄関。

Sr1036827

玄関を入るとすぐに居間。

お昼過ぎ、床に光が差し込み、

Sr1036857

天井を照らし、室内が明るくなります。

Sr1036855 

居間の奥のキッチン。

Sr1036820

火はダミーですが、忠実に再現されています。

リビング左は主寝室。

Sr1036893

部屋の角が丸くて、なんとも柔らかい。

居間の奥の左右は個室。

Sr1036870

個室から見た居間。

とんがり帽子はいくつもあり、この連続性が惹きつけるポイントの一つ。

Sr1036816

石積みのドーム屋根に平たい石を乗せていくだけの単純な構造。

Sr1036896

その昔、領主が税金逃れに、街の税金検査があると、建物を壊して「これは建物ではない」と言い逃れたとか。

そのため、村人は簡単に作りなおせる建物を考案、このような形になったと言います。

Sr1036847

建物脇のアーチが誘います。

先ほどの建物の隣にある、もう一つのトゥルッリ。

Sr1036815

コチラはテラスになっていて、奥がレストラン。

仕上げをしていないので、石積みの構造が分かりやすい。

Sr1036901

天井まで綺麗です。

Sr1036904

このあとも世界の建物を見学しながら施設をあとにし、名古屋へ。

名古屋といえば名古屋コーチン。

Sr1036934

串焼き、刺身。

手羽先。

Sr1036935

女性の店員さんも明るく、いい気分。

水炊きのあとは、やっぱり雑炊。

Sr1036938

とても美味しゅうございました。

創業して40年の鳥銀さんの女将さん。

Sr1036940

 

翌2/21

市内を散策。

公園には大きな球体をもつ科学館。

Sr1036941

9:20ですごい行列。

聞いてみるとプラネタリウムのためとか。

このときで既に270人ほど待っているのだとか。

有名らしいです。

 

すぐそばの名古屋市美術館をみて、お昼はひつまぶし。

海苔を載せて、出汁でいただくのが美味しかったですね。

 

アンティークショップを廻り、一路空港へ。

とある秋田の方が食べたいと仰っていた飴麩三喜羅のお麩饅頭。

Sr1036942

直送しようと思ったら、消費期限が一日。

あえなく断念し、写真でご勘弁。

モチモチして、とても美味しかったです。

|

« あつた蓬莱軒 | トップページ | プレゼント »

コメント

そそそ~その秋田のオバサンです。
お麩のおまんじゅう~~残念でございますた。みるからに美味しそうでしゅねぇ~~~じゅるるる。
いつか・・・いつのひか・・・行くことはないかな?w
いろんな可愛いお家が一杯あって楽しそうなところですね。
トゥッルッリって、童話の世界のお家みたいでお店にはいいでしょうね。
耐震強度はどうなんでしょうかね~?

コーチンのお料理もおいしそうですわ~。
良かったですね。

投稿: きりちゃん | 2012年2月24日 (金) 19時48分

お麩まんじゅう送るの、店員さんに止められました・・。トゥルッリはとても惹き付けられますね。屋根が難しいですが日本で作るなら木造で可能です。名古屋コーチンも美味しかったです。ぜひ~

投稿: やまじ | 2012年2月24日 (金) 22時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« あつた蓬莱軒 | トップページ | プレゼント »