« クイズの答え | トップページ | 窓掃除 »

2011年12月 8日 (木)

ドイツのことわざ

先月、研修会で聞いたドイツのことわざ。

 

『我が家は安物を買えるほど金持ちではない』

安物買いの銭失い、といったところでしょうか。

でも、もう少し深さを感じる言葉です。

 

例えば、このところブログのネタにしていたギャッベ。

S

イランの遊牧民に伝わる、羊の毛を手織りしたカーペットですが、決して安くありません。

はっきり言って高い。

 

でも、永く使いたい、永く使えるものが欲しいと思ったときに、出会ったモノ。

羊の毛でしたら日本でも手に入るかもしれませんが、イランの高地で遊牧された羊の毛は全く別物だそうです。

Monyo_ki

ボーデコールHPより生命の木

そして自然染料で染められた色、ざっくりとした、でも想いの込められた模様、などいろいろな価値観を含めて手に入れました。

 

基本的には国産でよい品質、気に入ったデザインがあれば、多少高価でもそちらを購入するようにしていますが、なかなか出会えません。

 

フィアットにしたのも、いろいろな意味でのデザイン(設計思想)に共感したから。

まあ車については、品質的に日本のほうが上だと思いますが、不必要なものがウルサク感じたり、デザインが数年で陳腐化するように思えたり。

心地よい古さが残るデザインならよいのですけど、そうは感じられず。

 

よいものに出会っても、本当に必要かどうか、一度立ち止まるのも大切。

 

かつての日本がそうであったように、そういった目利きの部分、今一度養わなくてはいけないなーと意識しています。

|

« クイズの答え | トップページ | 窓掃除 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« クイズの答え | トップページ | 窓掃除 »