« 代替エネルギー | トップページ | 肘内障 »

2011年3月29日 (火)

応急危険度判定

地震後、建物の被害が出た場合、とりあえずその建物に危険がないかを判定する、応急危険度判定(以下「応判」)という作業があります。

残念ながら私は応判の資格を持っていませんが、判定士にくっついてお手伝いはできます。

 

実は、

応判士は行政単位での対応で、新潟県から要請がないと動けません。

新潟県は東北ブロックに位置していて、今回は青森県から要請がないと、判定士に要請できません。

 

ややっこしいです。

 

青森だと、行ってもガソリン不足で帰って来れない、あるいは行くことすらできない状況です。

縦割りでなく、もう少し柔軟な横の連携はできないのでしょうか。

何年、何十年たっても代わり映えがありません。

 

建築士会連合会 青年委員会のHPに、応判等の情報が掲載されています。

|

« 代替エネルギー | トップページ | 肘内障 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 代替エネルギー | トップページ | 肘内障 »