« 披露宴出席 | トップページ | FinTour 3(AM) »

2009年7月 3日 (金)

外壁の色

先日、石川県へ行ったときに、個人で建築コンサルティングをされている方と会う機会があり、刺激を受けてきました。

 

その方は、コンサルと言っても技術屋さんのような方で、今後は車のカタログのように「この家の燃費はいくらです。」という方向になるべきであり、また、なるであろう、との意見でした。

 

私も同感ですし、燃費計算できるモノを造っているのに、そこまでしていませんでした。

反省です。

そのときに聞いた話の一つが「外壁の色」。

 

 

ドイツの技術者が日本に来たときに、日本の家を見て「日本人は気が狂っているのか?」と聞いたそうです。

 

何を見ていったかというと「黒い色の外壁」。

 

いま日本中を席巻している「黒い外壁」。

「シャープでカッコイイ」と流行っていますが、あの外壁の表面温度は直射日光が当たると70度以上(※)にもなるのです。

(※サイディング、鉄板系の場合)

70度以上になった熱は、その下の防湿シートを早く傷め、10年ほどでボロボロになることも。

 

また、外壁の熱が建物内へ輻射熱として入ってこようとするので、冷房効率の大幅ダウンにもつながります。

ちなみにドイツでは、色のサンプルに光の反射率が必ず載っているそうです。

そこまで計算するのかー!と驚きました。

当然、外壁の見本には濃い色はないそうです。

緯度の高いドイツでさえ、直射日光を憂慮するのですから、日本も今一度「夏を旨とすべし」に立ち返るべきと思います。

 

もともと私自身、今ハヤリの黒い外壁の(軒の出の少ない)家は好みでないので、「いつまでデザイン的に持ちこたえられるのだろう」と心配です。

自動車と同様、10年後に陳腐さを感じさせなければよいのですが、余計なお世話でしょうか。

 

環境を大切に、と叫ばれるようになって久しいですが、デザイン的にも材質的にも長持ちするモノでなければならないと、改めて思った次第です。

そういった面では子供のころから、建築を初め、いろいろなデザインについて、もう少し授業に織り込んで欲しいと思います。

そうすれば、こんなにもバラバラな街並みはできなかったのですから。

 

他にも細かいことを聞いてきましたが、専門的で文字ではうまく説明できませんので、刺激の多い出会いであった、ということでまとめさせていただきます。

|

« 披露宴出席 | トップページ | FinTour 3(AM) »

コメント

へぇ~~☆
外壁の色もエコのは関係あるんですね~?
私も個人的には白っぽい外壁のほうが清潔感があって好きですわ。
洋服は黒いのが多いんですけどね~、これはシマってみえる?という点からかもしれませんね エヘヘ

今日は、めちゃ暑いです。
体にも断熱材着てるのに、暑いわ~~w

投稿: きりちゃん | 2009年7月 6日 (月) 13時50分

キリ姐さん
外壁の色は、室内環境に影響大ですね。
好みの問題をとやかく言われるのは嫌かもしれませんが、環境のことを考えるなら、外壁の色にも気を使わなくてはですね。

その分、服をはじめ身の回りの色で楽しみたいものです。

体の断熱材・・コメントの難しいところですが、歩数計の効果で少しずつ減ってきているのでは?(笑)

投稿: やまじ | 2009年7月 6日 (月) 17時58分

黒い外壁~~新潟でもありますか?
この辺では見ないけど!

ちょっと想像できない外壁ですけど。

日傘も 最近 黒が多いけどこれも、駄目なのね?
むしろ、吸収して暑いのかな。
でも、黒いレースの 日傘 多いような・・・

投稿: たぬちゃん | 2009年7月 7日 (火) 08時54分

たぬきさん
黒い外壁のお宅、新しい住宅団地へ行くと結構あります。
全面だったり、ツートンだったり、いろいろです。

日傘の黒いのはオススメです。
特に外側白、内側黒の二重のが良いそうです。
外で光を反射して、内側は地面から人への光の反射を防ぐからだそうです。

日傘のような布であれば、熱をためることもありませんので、エコ的にも全く問題ないと思います。

密度の低いものなら大丈夫ってことですね。

黒いTシャツで外を歩いたら、さすがに暑かったですが(笑)

投稿: やまじ | 2009年7月 7日 (火) 09時39分

外壁は黒以外ってことでお願いします(笑)

投稿: ぐるまん | 2009年7月 7日 (火) 17時53分

ぐるまんさん
了解です(笑)
もともと明るい色のつもりでしたし!

投稿: やまじ | 2009年7月 7日 (火) 17時58分

大分前、ドイツ・ベルリン短期滞在をしていたときのこと、高級住宅地に、ある日突然、レンガ(ブリック?)建ての壁面がピンク色に塗られた。2,3年後には、その壁面が若草色に塗り替えられていました。

いずれにせよ、周りから完全に浮き上がっていました。

投稿: まさか | 2009年8月 3日 (月) 10時43分

まさかさん
御無沙汰です。
あちらは特に落ち着いた色合いの建物が多いですから、少しでもトーンを変えるとエラく浮いてしまいますから、それがピンクでは なおのことだったでしょうねぇ。

ドイツでは工事前に役所や近隣の審査がないんでしょうか?(あると思ってました)

まさかさん、連絡先変わりましたでしょうか?
変わってましたらお聞かせ下さい!

投稿: やまじ | 2009年8月 3日 (月) 13時26分

その小森と泉に囲まれた高級住宅地域では、各個人の庭に生えている樹木の高さよりも高い屋根の建物は、建築することが条例で禁止されているとのことでした。結構厳しい制限があるようです。

自宅は変わっていません。メールアドレスは
この「コメント」書き込みの際に、打ち込んでいます。

最近、車中で、国体の「トキメキ」を聴いています。(須藤まゆみ;唱)

投稿: まさか | 2009年8月 3日 (月) 14時16分

まさかさん
 やはり厳しい建築条件があるんですね。
 日本もそうなって欲しいと思いますが、ではどのような外観(色・形・素材)がいいのか、という問題に突き当たります。
 法制化は大手メーカー、そして一般消費者の反感を買いそうな気もしますし、理解を求めるには時間がかかるかもしれませんね。
 今の建築法制度は違う方向に行っているのが残念です。

メールアドレス、ありがとうございます。

新潟では、まだそれほど国体熱が上がっていません。
今は「水と土の芸術祭」が開催中です。
妻有トリエンナーレも始まりましたし、県内各地で芸術祭真っ盛りです。

投稿: やまじ | 2009年8月 4日 (火) 09時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 披露宴出席 | トップページ | FinTour 3(AM) »