« 無事、上棟式 | トップページ | 縁起担ぎ »

2008年5月31日 (土)

上棟式

上棟式の様子と、上棟式の由来について書きます。

↓午前中

Img_51672

↓実家に用意された「ひつ」

R10221172

3つは親戚から借りたもので、餅を入れて上棟式会場にお供えします。

上棟式の由来、実は、あまりいい話ではありません。

『その昔、上棟を控えた棟梁が、柱の寸法を間違えたことに気付いた。

失敗に自分の命を絶とうとまで考えた棟梁だったが、妻が枡(ます)を重ねて柱の長さをうまくごまかすアイディアを思いつき、棟梁は事なきを得た。

Img_51842

しかし所詮、妻は他人。

棟梁は、いつ自分の恥が世に知られるか分からないと、妻を殺してしまう。

その代わりに末代まで奉ってやろう。』

というのが言い伝えです。

それで、↑写真のように女性の化粧道具をお札に書いたものを飾るのです。昔は本当に化粧道具を飾ったそうです。

実は私、今回の上棟の準備で関係書物を開いて、このことを初めて知りました。

もちろんウチの大工は知っていましたが。

Img_52322

↓矢羽(やばね) 左上を向いているのが鶴、右下が亀。

Img_53372

↓2階に設置された祭壇

Img_53752

↓開式

Img_55522

↓槌打ちの儀 棟梁の合図で7回、5回、3回と棟締めをします。

Img_55882

↓五円玉を投げているところ(黄色い丸)

R10221272

↓儀式の最中、早く投げてーと子供たち

Img_56172

↓投げ始まると我さきにと拾いまくりです。

Img_56342

↓で、こうなったわけです。

R10221322

↓会場を移して直会(なおらい)

Img_57382

直会では上棟式が無事済んだことを祝って、棟梁をはじめとする大工や、上棟に携わった親戚、友人などに感謝の気持ちを込めて、ささやかながら食事とお酒を振舞います。

ウチの場合は、会社の社屋も兼ねるので、業者さんもお招きしました。

最後に

↓オヤジとユズ

Img_57922

股関節を石膏で固めているので、足の向きがちょっと変ですが。

これからは、家が少しずつ出来ていくのが楽しみです。

|

« 無事、上棟式 | トップページ | 縁起担ぎ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 無事、上棟式 | トップページ | 縁起担ぎ »