« 超神ネイガー! | トップページ | 衣替え »

2007年9月29日 (土)

無題

今、ある医療関係の本を読んでいて、気になる言葉がありました。

「何かあったら、医師を訴えてやろうという態度がありありと見える患者や家族に遭遇することがある。」

医療の現場では、命と隣り合わせですから、いくら心配しても安心することが出来ない方もいるでしょう。

しかし、その時点で、すでに医師を信用していないんですね。

そして実は、自分のことも信用できていないのでしょう。

既に医療現場で被害に遭われた方には受け入れがたい、浅はかな意見かもしれませんが、私は以下のように思います。

命を預けるだけの覚悟をし、何があっても受け入れるだけの心のゆとりを持ってから、お医者さんへ行くべきではないかと思うのです。

案外そうした方が、うまくいくからです。

不思議なことに、最悪のことを想像すればするほど、その通りになるのですから。

逆もまた然り。

それほど、心構えは大事なんですね。

誰もが、いつでも選択の連続です。

それも無意識に選択していることが多いのですが、選んだのは自分の責任。

自分が選んだことだと自覚すると、たとえ不可抗力や事故だとしても、大抵のことは容易に受け入れられます。

なんだか宗教的な考えに聞こえますが、決してそうではありません。

あくまで心構えのお話です。

 *****

私の場合、“患者”を“クライアント=建築主”に置き換えられますが、私のところには最近、そのようなお客さんは来なくなったように思います。

最初はそうだったかもしれませんが、話を重ねる間に、薄れてくるのかもしれません。

そんな中でお話しするのが、「建築物は個人の所有ですが、社会の財産」ということです。

外観は地域に大きく影響しますから、周りのことにお構いなしに出来ません。

過剰なほどの夢を、家に盛り込むこともなくなりました。

家=夢ではなく、暮らしそのものが夢であり、豊かでなくてはなりません。

家の完成がゴールではなく、そこから暮らしがスタートするんですね。

私のところに来られる方が、建築に対して、このような理解を持たれることは、うれしい限りです。

そして、“患者”を“自分”に置き換え、いつの間にか自分のことを棚にあげてないか、常に振り返えることも大切ですね。

自分を省みる“心構え”を持たなければと思います。

|

« 超神ネイガー! | トップページ | 衣替え »

コメント

ワタクシ「まな板の上の鯉」になって待ってます。
心構えも十分ですし、できれば3年以内に引越し
したいと考えておりますんで
そろそろ第一稿出してくださいよ(笑)

投稿: ぐるまん | 2007年9月30日 (日) 07時55分

うわ~~ん
いい文章です===自分に立ち返り
いろいろ考えさせられます。

ぐるまんさん。。今が一番 大事な時間ですよ!
楽しい時間♪夢がふくらみますね(^^)VVV

投稿: たぬき | 2007年10月 1日 (月) 07時06分

ぐるまんさん
心構え、OKですね?
お待たせしておりますが、近々伺えると思います。
といっても今週は、詰まり気味ですので来週お願いいたします。
連絡しますね。

投稿: やまじ | 2007年10月 1日 (月) 09時04分

たぬきさん
お医者さんに読まれると恥ずかしいのですが、「何かあったら医者を訴えてやろう・・・」のところ、実は常日頃、感じていたことだったのです。
それも医者だけでなく、あらゆる業種において当てはまるのではないでしょうか。

確かに、医療事故は良く聞く話ですし、過不足ない治療というのは判断の時点から難しいことだと思います。
真剣に取り組まれている医療関係者の方には心より尊敬申し上げます。

投稿: やまじ | 2007年10月 1日 (月) 09時20分

ぶら下がります。
やまじさんのご意見、よく分かります。
家についてのことも「そうだよな〜〜〜」と思います。
家を作って終わりではなく、そこから暮らしが始まるというくだりは、うなるほどのいい表現ですね。
医療について僕は「100%信じられるお医者さんを見つけること」だと思います。幸い僕は某「た○き先生」(敢えて伏せ字って、意味ないかも?)や消化器系の同級生Y、皮膚科は
ご近所と、いずれも心底信頼できるお医者さんに巡り会っているのは、幸せだと思います。
「きたきつねさん、癌ですね」と言われれば「はい、分かりました。で、どうしたらいいですか?」です。
先日クレーマーに関するラジオを聞き、「こんなこともあるのか」と思いましたよ。

投稿: きたきつね | 2007年10月 2日 (火) 11時02分

きたきつねさん
良いお医者さんに巡り会われてますね。
そして心の準備も。
平常心で受け入れるというのが一番難しいのだと思います。

クレーマーについては単行本でも結構出ているようですが、まだ読んだことがありません。
商売しているのに勉強不足と言われそうですが、数少ないクレーマーにビクビクするよりは、私が楽しそうにしていることの方が大切だと思っています。
必要なことも、ちゃんとやらねばなりませんが。

投稿: やまじ | 2007年10月 2日 (火) 11時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 超神ネイガー! | トップページ | 衣替え »