« ノラ猫 | トップページ | 夕日コンサート »

2007年8月10日 (金)

狂言

昨日の晩は、新潟市民芸術文化会館りゅーとぴあで、野村万作・萬斎の狂言を観てきました。

↓配布されたプログラム

01_2

↓裏表紙にはプロフィール

02

公演内容は「紙相撲」と「千切木」(ちぎりき)。

公演の前に、石田氏による解説とワークショップ?があり、ワークショップでは「酌謡」(しゃくうたい)という唄を皆で謡いました。

 酒はもと薬なり

 世はまた人の情けなり

 憂き世を忘るるも

 ひとえに酒の徳とかや

石田氏が言われた通り酒飲みを助長するような唄ですが、節回しが難しかったですね。

公演は、以前拝見した茂山狂言とは一味違い、伝統的な風情を感じました。

演目にもよるのでしょうが、言い換えると、茂山狂言のほうが終始笑いっぱなしということになるでしょうか。

次の機会があったら、また観比べたいと思います。

04 03

|

« ノラ猫 | トップページ | 夕日コンサート »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ノラ猫 | トップページ | 夕日コンサート »