« 25日も | トップページ | 噂の »

2007年8月30日 (木)

角神の思ひ出

ずいぶんとロマンチックなタイトルですが、いわゆる追記です。

ホテル角神には野天風呂があり、予約制でプライベート風呂になります。一ノ湯と二ノ湯があり、我々は二ノ湯へ。

R10195212

お風呂は大自然が包み込む雄大な眺め。

R10195152

この時期はアブが多く、こんなのを持たせられます。

R10195122

入り口の鍵と、時間も決まっているので、時計付き。

晩御飯のおかずの(ほんの)一部。

Img_27702_2

真ん中は生カキ、手前はユバで包んだもの(中身忘れ)とジュンサイのお吸い物。鮎塩焼き、口細の揚げ物、豚の角煮もあったかな。どれも上品な御あじ。

↓これは朝5:30頃。目が覚めてしまったので、ホテルの周りを散歩。

Img_27852

朝もやのカラス。

Img_27882

↑この建物、実は↓こんなところ。

Img_27932

「卓球」でないところがミソ。この右側はスキーゲレンデなので、冬はスキーロッジに。

このホテルは、仕事の取引先が経営していて、華やかさこそありませんが、静かな山奥の山荘といった風情で、とても落ち着いているので気に入っています。今は亡き(取引先の)先代社長の、想いがこもった宿ともいえます。

↓ホテルを出た後、目の前の阿賀野川の遊覧船に乗船。

Img_28232

Img_28032

船内でもらった、鐘旭(しょうき)様と呼ばれる神様の御札。

Img_28072

名前を書き、願い事に○をつけて、船の上から川に流します。表向きで流すと願い事がかなうというもの。

Img_28122

無事、表向きに流すことができ一安心。和紙でできていて、水に浸かるとあっという間に溶けてしまいます。ちなみに裏向きになったときは、船内に藁で作った鐘旭様にお賽銭を上げてお祈りすればよいとのこと。

このあと夏風邪ひいちゃいましたが(笑) 熱中症にならなかっただけ、御利益(ごりやく)があったという事ですか。

船が日出谷の船着場に着いたところで、蒸気機関車を見ようと日出谷の駅へ歩いて行ったら間に合わず、煙だけ。

Img_28162

汽笛を残して行ってしまいました。

↓今は合併して無くなった町名、鹿瀬町のマンホール。今は阿賀町。

Img_28202

カモシカと椿でしょうか。

鹿瀬は見所たくさん、奥へ入れば、もっと自然を満喫できます。

|

« 25日も | トップページ | 噂の »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 25日も | トップページ | 噂の »