« 明日は被災地へ | トップページ | オフ会 »

2007年7月20日 (金)

応急危険度判定作業

被災地へ行ってまいりました。

柏崎市のお隣、東京電力の原子力発電所で有名な刈羽村です。

ちなみに刈羽村原発の電気はすべて東京へ行っています。新潟は東北電力管轄なので、刈羽村原発の電気は使えません。宮城の原発エネルギーは使ってるかもしれませんが。

朝6:00に集合し、いざ現地へ。

北陸自動車道・中央ICから乗り、西山IC手前で少々混みましたが、概ね1時間半ほどで刈羽村役場に到着できました。

刈羽村役場の前には仮説トイレが設置され、役場入り口に消毒液とウェットティッシュが備えられています。水がありませんから、これで食中毒や感染を防ぐのです。

R10190252

R10190592

われわれの作業内容は応急危険度判定という、現状の住宅が暮らしたり出入りするのに安全かどうかを判定し、緑(安全)・黄(注意)・赤(危険)のいずれかの紙を張ること。

R10189852

↑こんな感じで、明らかに危険と分かるものもあれば、瓦が落ちそうで危険な家も赤、中の床が大きく歪んでいたりして外からでは分かりにくいものもあり、注意して観察しながら紙を張ります。

建物は「緑」や「黄」でも、雨が続くと裏山が崩れそうなところもあり、それも赤紙。

↓農家の米の乾燥小屋が崩れた跡。米の乾燥機を10年も使っておらず、償却していないのが残念そうでした。判定作業中に、こういった話を各家々で聞くのが辛かったです。

R10189792

↓上の屋根を撤去して出てきた車。このあとエンジンがかかって、何よりでした。

R10190112

↓左手前の大谷石の塀がパッタリと道路に倒れていて、地震のときに近くを歩いていたら危険だったことが伺えます。

R10189802

↓2階の瓦が落ちて、1階の屋根を突き破っています。

R10190022

↓下が車庫で、上が子供部屋のようでした。

R10190322

街角のところどころに↑のように仮設トイレが設置されています。水道が使えないので、自宅ではなく、仮設トイレで用を足さなければなりません。

↓正面から見たところ。

R10190432

↓ほとんどのお宅が、屋根の棟瓦(てっぺんのところ)が落ちていて、雨漏れを防ぐためにブルーシートを張っていました。

R10190462

↓建物に張る紙。

R10190532

↓帰ってきてからの集計作業。

R10190492

↓午後に回ったところ。ほとんど黄か赤。

R10190512

↓刈羽村全体の状況が張り出してあります。

R10190612

今回、回ったところは、ほとんどが赤か黄の判定。

特に古い建物や、住宅と倉庫がつながっているお宅は、赤判定でした。

新しいお宅は割合「緑」判定でしたが、新しくても「黄」のお宅もあり、スジカイの入れる場所や配置バランスに大きく左右されることが分かりました。

想像していたより、地震の建物への影響が大きく、どの程度まで住宅を強く造るべきか、考えさせられます。(あんまり強くても良いわけではないので)

途中、雨が降ってきたので雨宿りさせてもらったお宅では、「お茶飲んでいきなせ」「パン、いっぺ(=たくさん)あるっけ食べていきなせ」と言われました。お茶だけいただきましたが、ほんとに食べきれないほどの配給があるようで、でもパンだけじゃねぇ・・という感じでした。野菜が摂れないので、健康管理が不安です。

判定作業は、取り急ぎの作業ですから、あまり長い時間をかけられませんが、皆さん、家の中のことまで事細かに説明してくれるので、思うように作業が進みませんでした。また、この後どうしたらいいのかという話になったりと、判定とは別の専門外の話にもなり、かといって冷たくあしらうわけにもいきませんので、分かる範囲で説明して次のお宅へ、という繰り返しでした。

本当に皆さん、疲弊しながら片づけをされていました。

あとは、やっぱり水ですね。水がないとどうにもなりません。大変でしょうけど早く水道が復旧されることを望みます。

まとまりませんが、現場の状況を感じ取っていただけたらと思います。

|

« 明日は被災地へ | トップページ | オフ会 »

コメント

”お疲れ様です!”
うわー本当に悲しい家の姿に驚きです。
コレでは、お家には帰れないでしょうね~?
復興までは時間がかかりそうですが~やまじさん始めプロの支えが頼もしいです。
頑張ってくださいね?陰ながら~応援してます。
すみません~暢気な生活してて・・・。

投稿: きりちゃん | 2007年7月21日 (土) 09時08分

想像していた以上に危険性のある建物が多く、驚きました。

普段の生活が、いかに快適であるかを実感させられます。
その一方で、ライフライン(あんまり使いたくない言葉ですが)が一つでも切れると、生活できなくなっているので、今一度、生活の見直しをしたほうがいいのかもしれません。

投稿: やまじ | 2007年7月21日 (土) 10時35分

レポート拝読しました。テレビや新聞の画像は、あくまでもその局なり新聞社の意図が加わっているもので、やまじさんのレポートは、一市民のレポートである点が違うと思いました。
「ただ強くすればいいということでもない」というのは、専門家ならではのご意見だと思います。私も、我が家の強度測定のようなことも考えなければならないのかもと、真剣に考えています。貴重なレポート、ありがとうございました。

投稿: きたきつね | 2007年7月21日 (土) 23時57分

きたきつねさん
やはり、一面だけ全部掃き出し窓の家の被害が大きかったです。
光を存分に家の中へ入れるための、日本家屋特有の形ですが、少し工夫が必要ですね。
地震によって、日本古来の家(深い軒・連続した大きな窓)がなくなることが懸念されます。
しかし、先人が考え出した日本家屋のシステムですから、自分流にアレンジして大切に残したいと思います。

投稿: やまじ | 2007年7月22日 (日) 09時04分

レポート読ませていただきました。
また水曜日にもいろいろ
聞かせてくださいね。
お疲れ様。

投稿: たぬき | 2007年7月22日 (日) 16時06分

たぬきさん
お読みいただきありがとうございます。
水曜日楽しみにしております。

投稿: やまじ | 2007年7月23日 (月) 17時47分

本当にお疲れ様でした。
ブログの写真を見たり、こういう作業に実際にやまじさんが携わっていることを知ると、やっぱり他人事じゃない。
今回のようなレポートは貴重だと思いました。

投稿: かつを | 2007年7月26日 (木) 11時44分

かつをさん
本当はもっと行きたいのですが、仕事をしながらでは、なかなか時間が取れません。
何度となく行っている仲間もおり、感謝するばかりです。

投稿: やまじ | 2007年7月26日 (木) 12時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 明日は被災地へ | トップページ | オフ会 »