« 建築士会関東ブロック大会 | トップページ | オペラ鑑賞 »

2007年6月17日 (日)

東京散策

今日は、東京まで戻り、新しくできたばかりの東京新国立美術館、東京ミッドタウンへ。

まずは東京新国立美術館、へ行く途中。

20070617royaltonclub

細い小路にROYALTON CLUBというお店?があって、どうやら結婚披露宴の準備中。

アプローチが広く、静かな佇まいに足が止まってしまいました。

20070617_1

小路を抜けると、パッと開けた敷地が現れます。

某知事選でお騒がせ?の黒川紀章氏設計。

あまり期待していなかったのですが、思ったより丹精なつくりで気持ちのいい建物だったように思います。

200706172

↓ポーチの屋根。屋根の真ん中は傘立てスペース。

200706173

↓外観の横ラインは、ガラスの庇が連続しています。ガラスに白いラインが入っていて、日の光を和らげているんでしょうか?

2007061711_1

↓モネ展入場の行列、私が見終わった11:30頃。50分待ちだった。

200706171

モネ展に入場すると学芸員の方が

「順番に見ることはありません、奥の方からもどうぞご覧くださ~い」

などと叫んでいた。

最初の区画を軽くパスして、奥へ行っても人ヒトひと・・・

(下手したら戻れないな)と思い、ヒトの流れに逆行しながら最初の区画へ。

入場した時よりひどーい(笑)

それはさておき、モネの絵が思ったより沢山ありました。オルセーからこんなに持ってきて大丈夫?と思うほど。

↓2階のサロンは10分待ちだけど、入らなかった。椅子はウェグナーのYチェア。

200706174_1 

↓3階のレストランは・・

200706175

↓1時間待ちくらいかな。待合の椅子もヤコブセンのセブンチェア、ホワイト色。

200706176

↓レストラン内の椅子は革張りのセブンチェア。座ってみたかった。

200706177

↓結局1階のカフェでサンドイッチを買って・・

200706178

↓ガラス越しに立ち食い。

2007061712

↓2階サロンのある逆円錐の中はトイレ。

200706179_1

↓逆円錐の足元。御影石がグルッと入っていて、上品な仕上がり。

2007061710_1 

*****

美術館をあとにして、六本木・東京ミッドタウンへ。

情報も無しでいったので、なにがなにやら。

20070617_2

安藤忠雄設計のデザインウィングのほうは、時間が無く行きませんでした。また今度、時間のあるときに。

200706172_1

↓中庭のベンチが涼しそうでした。後ろはガラスの屋根で、水が流れてました。

200706173_1

↓入り口の前にある屋根の柱は、まるで大樹の下に人が集まっているような感じ。

200706174_2 200706175_1

↓エスカレーターを上がると吹き抜け越しに公園が見えて、視界が広がります。

200706176_1

↓建物内のショップ。洞窟のような壁は、合板をヒダ状にして、歪んだトンネルのような空間を作っていました。

200706177_1

↓建物内の吹き抜け。

200706178_1

↓吹き抜けの渡り廊下。

2007061710_2

↓渡り廊下の模様は、和紙のような物でできている感じ。

2007061711_2

↓吹き抜け内のオブジェ。ワイヤーに水が伝って落ちてくる様子が幻想的。

200706179_2

*****

↓ところ変わって、表参道ヒルズ。これは裏側、ネスパス新潟館側から同潤館。

20070617_3

↓同潤館は以前の同潤館の面影を残したエリア。ツタが絡まって落ち着いてきましたね。

200706173_2

↓同潤館入り口の植え込み。花壇が古い大谷石でできていて真似したくなりました。

200706174_4

↓表参道ヒルズ内の革かばん屋さん、Dan gentenでお買い物。

200706172_2

ここで何を買ったかというと・・・

↓じゃ~ん、仕事用のウェストポーチ。定規、コンベック(巻尺スケール)、ペンを入れておくためのもの。

20070617_4

ずっと探してたけど、やっぱりココのが一番良かった。ベルトと同様、使い込むほどに、いい色になりそうです。

|

« 建築士会関東ブロック大会 | トップページ | オペラ鑑賞 »

コメント

うわうわうわ~~有難う~~やまじさん!
一杯見せてくださって。サービス満点ですね。
美術館のお椅子の事、カフェの事円柱の中身がトイレだったことなど~知りたかった事ばかり。
表参道フルズも・・・昔の面影を少しでも、残したデザインなのですね。
腰のベルトポーチもイイ感じぃ~~~よ!
NICE \(^o^)/

投稿: | 2007年6月19日 (火) 17時06分

↑のコメントは私でした~~笑
名前はいっとらんね。
 
訂正も一つ
表参道フルズ→表参道ヒルズ でしゅ。

投稿: きりちゃん | 2007年6月19日 (火) 20時13分

今月末にヒルズに行こうかと予定してます。
このウェストポーチとってもいい!
値段もよさそうですね!

投稿: らいら | 2007年6月19日 (火) 23時51分

建物も また写真で振り返ると
味が でますね~~(^^)
椅子もいろいろあって~~デザイン系の方には
興味深々ですこと。

先日NHKの プロフェッショナルという
番組に 世界が認めた商業デザインで
有名な男性(名前は失念)が出てました。

椅子のデザインも有名。
本人は いたってシンプルな方で素敵でした。

『GENTEN』って新潟の伊勢丹に なかった?笑
長く使える革ですよね~~いいわ。

投稿: たぬき | 2007年6月20日 (水) 08時54分

きりたんぽさん
新国立美術館は、よくできていたように思います。
あれだけの人数を受け入れられるキャパシティがいいですね。

東京ミッドタウンは、今回行かなかった公園のほうがいいらしいです。情報なしで行ったので、残念。

ポーチいいでしょう?んふふ~。

投稿: やまじ | 2007年6月20日 (水) 09時31分

らいらさん
六本木はまだ行ったことないですが、表参道ヒルズはスッとは入れる感じがします。
外観の高さ控えめなところがいいのかな。

ポーチ、奮発しました。
ポーチだけで¥13,650-也~。
まあ一生モノってことで。

投稿: やまじ | 2007年6月20日 (水) 09時36分

たぬきさん
美術館やレストランで、椅子や小物も手抜きしないところを見かけると、嬉しくなります。

NHKは吉岡徳仁さんでしたでしょうか。
見逃してしまいましたが、あの番組はとても勉強になりますね。

仰るとおり新潟伊勢丹にもgentenがありますね。
ところがdan gentenは表参道と丸の内の二ヶ所しかなく、品揃えが全く違うのです。
HPを見ると、dan genten=男の原点、だそうです。
他にも気になるカバンがあったのですが、それはまた次の機会に行って、気に入ったら。

投稿: やまじ | 2007年6月20日 (水) 09時51分

GENTEN
の男性版ですね~~
私も ちょっと 入店したかも・・

投稿: たぬき | 2007年6月20日 (水) 21時11分

たぬきさん
dan genten、たぬきさんにも似合いそうです。
シンプルなデザインのカバンて意外と少ないので、そういうのを求める人には人気があるかもしれませんね。
この日は女性のお客さんが多かったですよ。

投稿: やまじ | 2007年6月21日 (木) 09時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 建築士会関東ブロック大会 | トップページ | オペラ鑑賞 »