« 食器を洗うとき | トップページ | 政令市の影響? »

2007年4月18日 (水)

環境『4R』

昨日、最後に書いた『4R』。

3Rは良く聞きますね。

「Reuse リユース」 「Reduce リデュース」 「Recycle リサイクル」 これに「Refuse リフューズ」を入れて『4R』。

順番としては、

①リフューズ:不要なものは貰わない、断る。

②リデュース:ごみの量を減らす。

③リユース:再利用

④リサイクル:再資源化

②と③の間にリペア(修理して使う)を足して5Rとする向きもあるようですが、それはともかく、①~③は人の「心がけ」です。

心がけ次第で、ごみの量を減らし環境への負荷を低減できますね。

そして、意外と落とし穴なのが「リサイクル」。

例えば、ペットボトル飲料が流通し始めたころ、ヒドイ物ができたなと思ったものですが、資源としての価値が高いと、リサイクルの流れができ、その罪悪感が薄れたように思います。

しかし、ここに問題があるのです。

リサイクルするのに、新品を作る以上のエネルギーを使い、二酸化炭素を発生させているという事実。

罪悪感がなくなったことで、助長されています。

ここで大事になってくるのが『リフューズ』と『リデュース』。

便利=どこかにシワ寄せが出るという「意識」と、断る・選ばないという「心がけ」を大事にしたいものです。

|

« 食器を洗うとき | トップページ | 政令市の影響? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 食器を洗うとき | トップページ | 政令市の影響? »