« 精米 | トップページ | 桜 »

2007年3月21日 (水)

文楽・新潟公演

今日は、新潟市芸術文化会館・りゅーとぴあで、文楽新潟公演を見てきました。

Dsc013882

演目は「菅原伝授手習鑑(すがわらでんじゅ・てならいかがみ)」と「釣女(つりおんな)」。

「菅原伝授手習鑑」では、事前に行われたきたきつねさんによる講座を拝見していたので、言葉は全部分からないものの、流れが分かって楽しめました。

そして釣り女も笑えました。

大名と冠者が、妻が欲しいと願をかけたら夢を見て、夢のお告げの場所に行ったら釣竿がある。その釣竿で妻が釣れるが、大名には美人、冠者にはオカメの妻が釣れる。

冠者は、こんな妻は要らないと大名の妻を連れ去り、オカメの妻が悔しがる・・・というお話なのですが、演者がみな滑稽でとても楽しい内容でした。

事前の知識があればなお楽しめる古典芸能、今後も機会があれば、歌舞伎や狂言にも行ってみたいと思います。

*****

お昼は会場近くの「レストラン・キリン」で名物のオムライスをいただきました。

Dsc013852

創業70年だそうです。

Dsc013862

会場の入り口では、柴犬がご主人の帰りを待っているようでした。

Dsc013872

「文楽、俺も見てぇなぁ。」

|

« 精米 | トップページ | 桜 »

コメント

一昨日書き込んだつもりなのですが、送信ボタンを押さなかったようで・・・
ご来場ありがとうございました。楽しんでいただけたようで良かったです。奥様にもよろしくお伝え下さい。
11月27日に桐竹勘十郎さんのトークショーをやりますので、ご都合が付いたら、是非どうぞ。

投稿: きたきつね | 2007年3月25日 (日) 09時26分

きたきつねさん、ご苦労様でした!
そして、ありがとうございました。
妻も楽しんでいたようです。

>桐竹勘十郎さんのトークショー
お誘いありがとうございます。
都合が付きましたら、行ってみたいと思います。

投稿: やまじ | 2007年3月26日 (月) 11時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 精米 | トップページ | 桜 »