« ピタゴラスイッチ | トップページ | パリコレ2007春夏 »

2007年1月15日 (月)

信濃川ウォーターシャトル

昨日は建築士会のメンバーと、信濃川ウォーターシャトルに乗ってきました。

ウォーターシャトルから見た川岸の景観は、どんなだろう?というテーマです。

以下、ウォーターシャトルからの写真です。

↓乗船。栃木からの団体客40人ほどと一緒です。

Img_14472

↓朱鷺メッセの前から出航。

Img_14552

↓新潟はマンションラッシュで、川岸に高層マンションが林立しています。供給過剰の声も。これからは高さ制限がかかり、背の高いマンションは建たなくなりますが、それでも歯止めがかかるかどうか。

Img_14652

↓昭和39年、完成一ヵ月後の新潟地震で橋げたが崩れた昭和大橋。

Img_14962

↓橋脚をそのまま使って修復したので、曲がった柱が見られます。初めて知りました。

Img_14952

↓新潟駅側のショッピング街。こちらも建物が「乱立」しているイメージです。これと比べると、マンションの方がまだマシな気もしますが。

Img_15222

↓万代橋をくぐった反対側。ホテル、商業ビルなどが「乱立」。ここで言う乱立は統一感がない、の意味です。

Img_15342

↓朱鷺メッセの船着場に戻って、45分のクルーズが終了。佐渡汽船とカモメ。

Img_15712

↓陸(おか)に上がってから万代橋の上流にかかる八千代橋方向を撮影。

Img_15802

↓子供(小学校高学年)が数名、土手に作られた滑り台を駆け回ってました。

Img_15892

田舎より、街なかの子の方が外で元気に遊んでいる印象です。郊外で遊んでる子、見かけないなあ。

 

川岸のマンションは、ほとんどが川に向かって平行に建っているので、その後ろからの眺望を完全に遮断しています。しかしながら、マンションの性質上、見た目が揃っていて、悪くはないというのが、正直な感想でした。

しかし、マンションの乱立は、もうして欲しくないし、商業ビルもどうにかして欲しいと思います。4月の政令指定都市制定後、新潟はどう変わっていくのでしょう。

|

« ピタゴラスイッチ | トップページ | パリコレ2007春夏 »

コメント

新潟は久しく行ってないので
へ~~って、感じです(笑

新潟地震、覚えてますがな…(生まれていた)
橋の件は聞いたことがるような
ないような…。
夏休みに海水浴に行きまして
砂浜がめゃだった記憶にあり(笑
デパートも傾いたまま営業していたっけ。

投稿: めわ@かいさ | 2007年1月15日 (月) 12時51分

おお!めわさん、ありがとうございます。

生まれていた→体感した?
んなワケないですよねぇ(笑)

デパート傾いたまま営業!
こないだ友人に、新聞社が発行した新潟地震の記録写真集を見せてもらいましたが、液状化現象で泥水が凄かったですね。

今になって新潟地震の真実を知りました。えへへ。

投稿: やまじ | 2007年1月15日 (月) 13時33分

やまじさん、めわさんこんにちは。
今勤めている会社の社長は新潟出身です。
新潟地震で家が倒壊したと聞いたことあります。
だからかな~会社で地震があっても平気な顔してます。
ここの事務所は1階が駐車場になっているので、壁が3方のコの字型であとは柱だけで2階を支えているので地震の嫌いな私には震度3が震度5位に感じるのです。
それでも最近は恐いながらも、これは5くらいに感じるけれど多分3でしょうと言い当てられるようになりました!
地震とそして水も嫌いです。自然の力には逆らえません。

投稿: らいら | 2007年1月15日 (月) 15時29分

らいらさん
>地震があっても平気な顔してます
恐怖を経験してると、恐怖が蘇えって逃げそうなものですが、そうではなかったんでしょうね?ふふふ。

でも災害時、誰も逃げようとしないと妙な安心感が広がり、逃げ遅れるということもあります。
日頃から災害に対する心構えをしておくといいですね。

投稿: やまじ | 2007年1月16日 (火) 09時21分

マンション乱立
最近の マンション建築会社の全国からの乱入?は
目に余りますね。
私の周囲も。多い多い。
電話もよくかかりますよ。

都市として  機能、景観、安全、安心
いろいろな面から 大きく見ていかないと
10年後20年後・・
さらには100年後の 将来が 困ると思います。

投稿: たぬき | 2007年1月18日 (木) 08時45分

たぬきさん
確かに、マンションは供給過剰気味。
でも、皆さん新しいところに行くんですよねぇ。
だから古いマンションはだんだんゴーストタウン化。
後のことも考えて建てて欲しいものです。
ソフト面の問題ですが。

そして、景観はみんなの財産。
自分の敷地だから好きなことをしていい、ということはないのですが、誰もそういうことを教えてきませんでしたね。
我々建築士の役目はそこにあり、これからはそういった活動へも力を入れていくつもりです。

投稿: やまじ | 2007年1月18日 (木) 09時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ピタゴラスイッチ | トップページ | パリコレ2007春夏 »