« 26日~27日 | トップページ | 東京出張-2 »

2007年1月26日 (金)

東京出張-1

今回の東京出張は、各県から建築士が集まって行われる「まちづくり会議」に参加するのと、お客さんとの打ち合わせのためでした。

初日は、まちづくり会議に参加です。

R10158392

全国から100名を越える建築士が、まちづくりについての取り組みや提案、問題点の指摘など情報交換を行いました。

私は始めての参加だったので、緊張しながら話を聞いておりましたが、皆さん明るく前向きで、まちづくりを楽しんでおられるようでした。

講演とワークショップを終え、懇親会。

一緒のグループになった福井の方に、まちづくりの取り組みについていろいろ教えていただきました。

今、福井では残すべき町家・町並みがあるのに、高齢化と空き家・空き地化でスラム状態になりかねないとのこと。 この状態を何とかしたいと仰ってました。

***

ブログでは、あまりシリアスなことは書かないようにしているのですが、これは現在の日本の課題だと思うので、書き留めます。

新潟市には、他市他県ほど町並みの揃った街道などがありません。ですから、堀割の復活などを望む声があるのかもしれませんね。(昔は街なかに運河があったのです)

しかし、個人的に思うには、一般的に望まれているものは「郷愁だけ」で、実は長く続くものではないような気がします。 郷愁だけでまちづくりを考えてしまうと、観光が前提となり、心地よく「住むこと」とは別のものになってしまいます。

本当に望むべき町並みとは何か、これからは我々プロが提案・発信しなければならないのだと強く感じました。 また折角「士」のついた資格ですから、法的な争いは弁護士に相談、町については建築士に相談というふうにならなければ、いけません。建物の設計だけが建築士ではないのです。

そして、その前に必要なのが「人づくり(勉強)」と「コミュニティづくり(近所づきあい)」です。 これがないと、何か良いことをしようと思っても絵に描いた餅、かえって「いさかい」にしかつながりません。 人の関係があってこその「まちづくり」なのです。

挨拶をする、近所の人を知っている、こんな些細なことがネットワークであり大切なんですね。

***

懇親会も時間を向かえ、今日のスケジュールは終了です。

下は帰りがてら撮った写真です。

R10158442

↑晴海トリトンスクエア前の夜景

↓宿泊先の三井アーバンホテル銀座、と言っても新橋駅前。

R10158462

|

« 26日~27日 | トップページ | 東京出張-2 »

コメント

たまには、こういうご専門の「マジネタ」も伺いたいです。
確かに一般的には「建築士=建物の設計のプロ」という認識が多いのでしょうね。高校の同級生に新潟で「shou」(本当は漢字ですが、実名はまずいかなと思いまして)という事務所をやっている奴がいますが、そいつは色々なことをやっているようです。確か「路上観察学会」もやってたような。
機会があったら、またマジネタお願いします。

投稿: きたきつね | 2007年1月30日 (火) 08時35分

きたきつねさん
>たまには、こういうご専門の「マジネタ」も伺いたいです。
了解しました。
まだまだ勉強中ですが、皆さんに伝えるべきことを、少しずつ発信していきましょう。

Ⅰさんですね?
あちらは覚えてられるか分かりませんが、ここ数年で2、3度お会いしました。
快活な方ですね。

街のキーマンと建築士など「サポーター」のネットワーク作りが、これからのまちづくりだと思います。

投稿: やまじ | 2007年1月30日 (火) 09時10分

そうです。苗字はIです。奥様は眼科医で、これも同級生です。

投稿: きたきつね | 2007年1月30日 (火) 10時50分

きたきつねさん
同級生のみなさん、ご活躍なんですね。
「路上観察学会」はⅠさんが所属している別団体の活動かもしれませんね。
そういった情報を共有して、共通意識の認識・発展させなければいけないのでしょう。

投稿: やまじ | 2007年1月30日 (火) 11時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 26日~27日 | トップページ | 東京出張-2 »