« 加茂~田上 | トップページ | てなもんや・かどや »

2006年11月25日 (土)

田上 椿寿荘

11月23日 加茂山公園の帰り、桐を使った商品を出している「イシモク」のショールームに寄ってみたら、社員研修のためお休み。

Img_11202

前に、ここの桐の床を使いましたが、足触りがよくて夏はサラッと、冬は暖かです。

本当は桐のまな板が欲しかったんですが、残念。

***

もう一軒、「桐蔵」というモダンな桐の家具を作っているところも行ったら、お休み。

で、帰りがてら、お題の椿寿荘へ行きました。

Img_12112_1

以前から、この表札の前を通るたび、入ってみようと思っていたのですが、つい忘れてしまって。

さて、玄関からして趣が違います。

平屋なので落ち着いて見えるのでしょう。

Img_11242

天井の細工が素晴らしい!

宮大工が造ったというだけあって、造作も細やか、古くなった木の色はともかく、最近作ったのではないかと思うほど、シッカリしています。

Img_11252

床は御影石ですが、硬いものを使用しているので、新品のよう。

Img_11272

玄関左右の腰板は、畳一帖ほどもある一枚板。

Img_11262

庭も京都の枯山水の技法を使って、川の淵に建つ建物のようにしています。 欄干下の岩の上に立つ柱が堪りません。

Img_11522

Img_11532

Img_11592

Img_11642

Img_11612

庭の手前の廊下。

Img_11662

板の部分は、厚さ8センチほどの大きな板が敷き詰められていますが、反ったりしていません。釘を使っていないのに、すごい技術です。

Img_11652_1

欄間の飾りもこれだけの贅沢。もちろん一枚板を掘りぬいたもの。

Img_11682

床の間の天井は3重台輪(だいわ)。普段見えないところにも贅沢しています。

Img_11702

岩の上に建っていたところを内部から見るとこんな。

Img_11862

他にも細かいところまで贅を尽くした建物で、関係者ならば唸るところ満載でしょう。 また行ってみたいと思います。

そうそう、帰りにここの売店で、桐のまな板を買ってきました。イシモクのじゃありませんが。

食材がまな板に吸い付くような感じがして、包丁が使いやすくなりましたね。

|

« 加茂~田上 | トップページ | てなもんや・かどや »

コメント

最後の写真。
障子戸の向こう側の庭が、
まるで一枚の絵のように見えますね!!
美しいです。

以前、桐のチェストを探して、桐の蔵さんのHPも
拝見したのですが、予算に合わず断念~~。(^_^;)
でも、本当にモダンで素敵な製品ばかりですよね。
デザインだけでなく機能性も良いよう。
相変わらず我が家は、ホームセンターで調達した
カラーボックスの生活です~~~。
あはは~~~。(^^)

投稿: ゆんゆん | 2006年11月30日 (木) 11時03分

ゆんゆんさん
最後の写真のところ、ホントに素敵でした。

桐蔵のタンス、高いですよねぇ。
でも長持ちしますから、奮発して一つは
持っていてもいいんじゃないですか?

全体はシャープに見えますが、実物を見ると
意外にも骨太な感じです。
骨太に見せないところがいいですね。
ウチもいつか、と考えています。

投稿: やまじ | 2006年11月30日 (木) 15時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 加茂~田上 | トップページ | てなもんや・かどや »