« 夕闇 | トップページ | 銅版画家・高野玲子 »

2005年9月21日 (水)

TOYOキッチン

ここのキッチンは、滅多に導入することのないメーカーですが、ビジュアルやアイディアが面白いので、つい見入ってしまいます。

img255-2 

↑これはアンティーク家具にシンクとヒーターを組み合わせた限定品。 5種類あります。

img256-2

こちらは、モダンインテリアのような「流し台」。 テーブルのようですが、シンクとヒーターがちゃんと備わってます。

結構好きですが、自分の家に、と考えると躊躇する、というか価格的に買えないかな。 自分の住みたい家のイメージとも違いますし。

でも、チャレンジ精神旺盛なキッチンで、触発されます。

|

« 夕闇 | トップページ | 銅版画家・高野玲子 »

コメント

上の様なアンティーク家具との組み合わせのキッチン・・・素敵だけどーーもし富士山の見える山中湖あたりに別荘とか持ってたら、そういうところのパーティ専用に一つ欲しいかなぁ?
下のほうは、モダンなので都内の別荘マンション用にいかがでしょう~あーー『夢』のまた夢!

投稿: きりたんぽ | 2005年9月21日 (水) 18時44分

そう!セカンドハウスならいいですね。
趣味の家、いいなあ。
やっぱ、宝くじかな。

投稿: やまじ | 2005年9月21日 (水) 20時59分

かっちょえ~~~~~
生活感を出しちゃいけないね。。
道具も全部しまって・・・

でも意外と料理研究家のキッチンって
すっきり片付いていますよね。

投稿: たぬき | 2005年9月24日 (土) 08時38分

たぬきさん
>かっちょえ~~~~~
ってことは、下のでしょうか?
シンクの深さは5センチくらいです。
どうやって洗うんでしょ(笑)

料理のプロは、使うものが決まっていて、
適材適所って感じで片付け上手です。
よく観察して、見習わなくては、ですね。

投稿: やまじ | 2005年9月24日 (土) 12時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: TOYOキッチン:

« 夕闇 | トップページ | 銅版画家・高野玲子 »