« ネコ罠(お題訂正) | トップページ | フレンチと日本酒・第2弾 »

2005年7月22日 (金)

TOKYO外国人

20050722tokyo かつをさんお勧めの「TOKYO外国人」を取り寄せました。 まだ、パラッとしか見てませんが、学ぶところが多そうです。

前から感じていたことで、この本を見てもそうなんですが、日本人と海外の人とでは、家の中にいるときの視線の方向が、どうも違うような気がします。 

海外では庭や暖炉、リビング全体を見ながら生活しているのに対し、日本の場合、ほとんどテレビ(の方)を見て生活しているのではないでしょうか?

かくいう私も、家に帰るとテレビが垂れ流し状態でついています。 でも時々、なんか違う!と思うのです。

最近では、興味をそそる建築や美術・旅行に絡んだ内容ばかりを見るようになりました。

そして更に、テレビではなく、実際に見なければ「良さも悪さも分からない」という気持ちになりました。 

情報源としては、溢れるほどの内容を毎日テレビで流しているわけですが、必要なものを取捨選択する力と、不必要な情報に左右されない心を忘れないようにしたいと思います。

もう少し、心豊かな暮らしになれたら、と日々勉強しています。

|

« ネコ罠(お題訂正) | トップページ | フレンチと日本酒・第2弾 »

コメント

そういえば日本人はテレビ好きですよね?
リビングの真ん中、寝室や各部屋にテレビと言うお家が多いのではないかしら?
私もテレビ見ますが、見るとき意外は消してます。
その代わり~PCついてます。
私の場合テレビよりPCに向かって生活?!爆

やまじさんのようなプロの方が見る建築の美術絡みの旅行・・・素人の私でも興味ありありです。
世界遺産やどこかのお家探検みたいなのとか大好き。日本ひいきの外人さんのお宅っておんもしぇ~ですよね?

投稿: きりたんぽ | 2005年7月22日 (金) 20時31分

そういえば日本人はテレビ好きですよね?
リビングの真ん中、寝室や各部屋にテレビと言うお家が多いのではないかしら?
私もテレビ見ますが、見るとき意外は消してます。
その代わり~PCついてます。
私の場合テレビよりPCに向かって生活?!爆

やまじさんのようなプロの方が見る建築の美術絡みの旅行・・・素人の私でも興味ありありです。
世界遺産やどこかのお家探検みたいなのとか大好き。日本ひいきの外人さんのお宅っておんもしぇ~ですよね?

投稿: きりたんぽ | 2005年7月22日 (金) 20時32分

あんりゃーー二重投稿じゃぁ~~(--;)
すまんすまん・・。

投稿: きりたんぽ | 2005年7月22日 (金) 20時34分

フランスはテレビない家って結構ありました。今はさすがにそうじゃないけどね~。
でもテレビ持ってない友人何人かいます。私も現在壊れてるから無いです。でも物体はそのまま鎮座してますが。爆

家の中での視線、確かにそうだわ。目立つところにはテレビ置いてないしなァ。みんなで一定方向を眺めるのではなく、お互いを見ながらおしゃべりしてますねェ。


投稿: ぴーたろー | 2005年7月23日 (土) 04時56分

きりたんぽさん、ぴーたろーさんありがとうございます。

日本のリビングって人と話をするように出来てないような気がします。(我々設計者の責任ですね)
最近では当たり前になった対面キッチン。
料理をする人、特に主婦が孤立しないようにと配慮された感がありますが、その奥には、やはりテレビがありますね。
テレビの情報を共有することで、家族の会話が成り立つんじゃ、ちょっと寂しい気もしますが、それが今の現状なのかな。

投稿: やまじ | 2005年7月23日 (土) 09時49分

日本人は、テレビ中毒が多いんだと思います。アメリカではドラッグとかアルコールといった分かりやすい形で中毒だけど、日本全国テレビと仕事中毒が蔓延しているかも・・・
とりあえず、「リビングの主役はテレビじゃないのよ、ねこなのよ」運動を推進しています。。。
対面キッチン!これはすばらしいです。
日本の明日は建築家とねこが変えるのです~!!!

投稿: かつを | 2005年7月25日 (月) 16時35分

おお、主役は猫!
やっぱり一緒に住んでないと、この言葉は出てきませんね。う~、悔しい!

今はシンクも、水はねの音がほとんどしなくなりました。
デザインは日本人好みに機能的になってますが、少し機械的過ぎはしないかと、余計な心配をしています。

投稿: やまじ | 2005年7月25日 (月) 17時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: TOKYO外国人:

« ネコ罠(お題訂正) | トップページ | フレンチと日本酒・第2弾 »